坐骨神経痛でお悩みの方へ

  坐骨神経痛でよくあるお悩み

  • 腰やお尻が痛い

  • しびれる様な
    痛みを感じる

  • 腰を反らすと
    痛みが悪化する

  • 腰やお尻の痛みを治したい

広い範囲で痛みやしびれを引き起こす坐骨神経痛とは?

お尻太腿ふくらはぎの後ろに、痛みやしびれを感じたことはありませんか?
その症状は、坐骨神経痛による症状かもしれません。

 

坐骨神経痛はさまざまな原因によって坐骨神経が圧迫されたり、刺激されたりして生じます。

 

坐骨神経痛になるとはじめは軽い痛みやしびれが出現する程度ですが、

重症化すると麻痺や感覚障害、排便・排尿障害になる可能性があります。

 

ここでは、坐骨神経痛の原因症状対処法などについてご紹介します。

坐骨神経痛でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

坐骨神経痛の原因は骨盤の傾きかもしれません

坐骨神経痛は坐骨神経にトラブルが生じて、痛みやしびれを引き起こす症状のことを意味します。
そのため、坐骨神経痛はひとつの病気やケガのことではありません。
坐骨神経は腰から足にかけて伸びており、ハムストリングス腓腹筋ヒラメ筋などの足の後面にある筋肉を支配している神経です。

 

【坐骨神経痛の原因】

 

坐骨神経痛の原因には、主に病気が原因のもの日常生活が原因のものの2つに分かれます。

原因は異なりますが、どちらも坐骨神経を圧迫したり、刺激したりすることで症状を引き起こしています。

 

坐骨神経痛の原因となる病気は、次のとおりです。

 

●腰椎椎間板ヘルニア

背骨の骨の間にある衝撃を吸収する椎間板が負担の積み重ねなどで逸脱し、神経を圧迫してしまう病気です。
腰椎から飛び出した椎間板が坐骨神経を圧迫すると坐骨神経痛の症状を引き起こします。

 

●腰部脊柱管狭窄症

背骨が老化や繰り返しかかる負荷によって変形し、神経が通過する脊柱管を狭窄してしまう病気です。
脊柱管が狭窄されてしまうため、中を通る神経が圧迫されて坐骨神経痛の症状も現れます。

 

●変形性腰椎症

老化により、腰部にある椎体や椎間板が変形する病気です。
椎体が擦り減って骨の形が変形したり、骨がトゲのように尖る骨棘が形成されたりします。

脊柱管狭窄症にもつながり、坐骨神経痛が生じます。

 

●梨状筋症候群

臀部にある梨状筋が坐骨神経を圧迫して、坐骨神経痛の症状を引き起こす病気です。
坐骨神経は腰椎から出たあと、臀部にある梨状筋の近くを通過して、足へと伸びていきます。
そのため、梨状筋が硬くなってしまうと坐骨神経を圧迫します。

 

主な坐骨神経痛の原因になる病気をご紹介しました。
では次に、坐骨神経痛の原因になる日常生活をご紹介します。

 

●骨盤の傾き

坐骨神経は左右の足に向かって、左右それぞれ伸びている神経です。
骨盤が傾くと骨盤の上にある腰椎も傾き、腰椎からでる坐骨神経を挟んで圧迫することがあります。

さらに、骨盤の傾きは骨盤周辺の筋肉にも影響を与え、筋肉の動きが悪くなって硬くなり、坐骨神経を圧迫することも考えられます。

このように、骨盤の傾きは坐骨神経痛を発症するリスクを高めてしまうことがあります。

 

●運動不足

長時間のデスクワーク活動量の低下によって運動不足になると、腰や臀部の骨や筋肉に負担がかかって坐骨神経痛を引き起こします。
運動不足で全身の筋力が低下するため、姿勢を保つことが困難になり、悪姿勢となりやすいです。
悪姿勢は骨盤の傾き腰まわりの病気の原因となるため、坐骨神経痛になるリスクを高めてしまいます。

 

【坐骨神経痛の症状】

 

坐骨神経痛の症状は坐骨神経が広がっている領域に生じるため、臀部・大腿・ふくらはぎなど幅広い範囲で症状が出現します。
主な症状は坐骨神経の圧迫による痛みしびれ麻痺などです。
しかし、坐骨神経痛が悪化すると、これらの症状に加えて感覚が鈍くなる感覚障害や坐骨神経が支配している筋肉の筋力低下などが生じます。
このような重症化を防ぐためにも、坐骨神経痛になったら早期に改善した方が良いでしょう。

坐骨神経痛を緩和するために行える対処法

坐骨神経痛はさまざまな原因によって、痛みやしびれの症状を引き起こします。
症状を改善させるためには、原因に合わせた適切な施術を行うことが重要です。
ここでは、自宅でも行える対処法や坐骨神経痛にならないようにするための予防法をご紹介します。

 

【坐骨神経痛の対処法】

 

坐骨神経痛の症状が出現したときには、次の対処法を行ってみてください。

 

●マッサージ

筋肉の硬さが原因となって坐骨神経痛が生じている場合にはマッサージが良いでしょう。
こり硬まっている筋肉をマッサージすることで、筋肉のこりがほぐれ、坐骨神経の圧迫が緩和される効果が期待できます。
坐骨神経を圧迫しやすい筋肉は梨状筋といって、臀部の深いところに位置する筋肉です。
自分の指で押してマッサージするのも良いですが、テニスボールのような少し硬めのボールを使用して体重をかけながらマッサージすると良いでしょう。

 

●ストレッチ

坐骨神経痛は、筋肉が硬くなることによって引き起こされる症状です。
そのため、普段からストレッチを行い、筋肉を柔軟に保つようにしましょう。

特に坐骨神経痛は反り腰になると、症状が悪化します。
反り腰になる原因にはさまざまありますが、ふくらはぎの筋肉が硬くなると反り腰になりやすいため、ふくらはぎのストレッチを行いましょう。
ふくらはぎのストレッチは足を前後に大きく開く、アキレス腱伸ばしのストレッチがおすすめです。

 

●温める

坐骨神経を圧迫している筋肉を緩めるためには、マッサージやストレッチ以外に温めることも効果が期待できます。
筋肉がこり硬まっている状態は、血流が悪くなっている状態です。
温めることで血流が改善すると、筋肉のこりが解消されます。
筋肉の硬さが解消されれば、坐骨神経の圧迫も軽減するため、痛みやしびれの症状が和らぐでしょう。

 

【坐骨神経痛の予防法】

 

坐骨神経痛は、症状が出ると簡単には改善されません。
そのため、坐骨神経痛にならないように予防することが大切です。
坐骨神経痛の予防法は、主に次の2つです。

 

●筋力トレーニング

老化運動不足によって全身の筋力が低下すると姿勢が崩れたり、姿勢を保つことが困難になって腰に負担がかかります。
腰への負担は坐骨神経痛の原因となる病気を引き起こす可能性があるため、筋力トレーニングをして筋肉を維持・増強しましょう。
姿勢を保つ筋力トレーニングは、体幹の筋力を鍛えるプランクがおすすめです。
腕立て伏せの姿勢で身体が真っ直ぐになるようにキープします。
はじめは30秒を目安に行い、徐々に時間を伸ばしていきましょう。

 

●姿勢改善

悪姿勢は骨盤の傾きや腰の負担を助長してしまうため、自然な良い姿勢に改善した方が良いです。
長時間のデスクワークパソコンスマホの使用は悪姿勢になりやすいため、こまめに身体を動かして悪姿勢にならないようにしましょう。

著者 Writer

著者画像
院長:磯 和晃(いそ たかあき)
取得国家資格:柔道整復師
生年月日:S50.2.3
血液型:A型
出身地:高根沢町
趣味:キャンプ、スーパー銭湯、登山
得意な施術:ファシアケア等

ご来院されるお客さまへ一言
“やわらぎ”で一緒に毎日わくわく楽しい豊かな未来を手に入れましょう‼
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:整骨院和らぎ
住所〒321-0975 栃木県宇都宮市関堀町981
最寄:宇都宮駅よりバスで20分ほど
駐車場:8台
                                 
受付時間
09:00〜
12:00
14:00〜
21:00
定休日:不定休

【公式】整骨院和らぎ 公式SNSアカウント 当院ではFacebookを運用中!

【公式】整骨院和らぎ 公式SNSアカウント 当院ではFacebookを運用中!

【公式】整骨院和らぎ
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • 定休日のご案内をしています