顎関節症でお悩みの方へ

  顎関節症でよくあるお悩み

  • 口を開けるときに痛みがある

  • 口が少ししか
    開かない

  • 口を開けよ
    うとすると
    変な音がなる

  • 顎関節症の
    対処法を
    知りたい

口の開けにくさや痛みが生じる顎関節症とは?

口を開くときに痛みを感じたり、変な音が聞こえたりすることはありませんか?
その症状は顎関節症によるものかもしれません。

 

顎関節症は顎の関節周辺の筋肉が原因となって痛みや動きの悪さを生じさせる疾患で、

幅広い年代の方にみられます。

 

顎関節症になると口を動かしにくくなったり、痛みを感じたりすることをはじめ、

頭痛めまいなどの症状が併発することもあります。

 

ここでは、顎関節症の症状原因対処法などをご紹介します。

顎関節症でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

顎関節症とは?症状と原因についてご紹介します

顎関節症は口を開けたり、開いたりするときに動く顎関節と顎に付着する筋肉に障害が出る病気です。
口は喋ったり、食事を食べたりする際に使用するため、開くたびに痛みや異音が出る顎関節症は生活に支障を与えます。
そのため、顎関節症になると非常に大きなストレスを抱え込むようになるでしょう。

 

【顎関節症の症状】

 

顎関節症には主な症状が3つあります。

 

●顎関節の痛み

顎関節症になると口を開くとき物を噛むときに、顎関節部分に痛みが生じます。
特に硬い食べ物を噛んだり、大きく口を開こうとするときに強い痛みが出やすいです。

 

●口が開けにくい

顎関節症は顎関節の動きに制限が出ることがあります。
顎関節は口を開け閉めするときに動く関節であるため、動きが制限されると口が開けにくくなるという症状が出ます。
概ね指2本分を縦にして口に入らなければ、開口障害があると診断されます。

 

●口を開くときの異音

顎関節は耳のやや前方に位置しており、顎関節症になると口を開け閉めした際にこの位置で異音がするようになります。
異音はコキッカクッというような音が鳴ることが特徴です。

 

顎関節症の主な症状はこれらの3つですが、症状が悪化すると頭痛めまい耳鳴り肩こりなどの症状を引き起こすこともあります。

 

【顎関節症の原因】

 

顎関節症は、顎関節顎に付着する筋肉に問題が生じて発症する病気です。

発症する原因はかみ合わせの悪さが原因と考えられてきましたが、現在ではかみ合わせ以外にも顎関節症を引き起こす原因があると考えられています。

 

●かみ合わせ

かみ合わせは、上下の歯が合わさったときの位置関係のことです。
位置関係が悪くなるときちんと力が関節にかからず、過剰な負担が顎関節に生じて顎関節症を引き起こすと考えられています。

 

●ストレス

ストレスがかかると人の身体は緊張状態になり、自然と歯を食いしばりやすくなります。
歯を食いしばると顎関節に負担がかかりますし、噛むときに動かす筋肉である咬筋(こうきん)にも負担がかかります。
過剰な負担は関節や筋を痛めるため、ストレスは顎関節症の原因です。

 

●顎の筋肉バランス

通常、顎の筋肉は左右均等にバランスが取れていることが理想的です。
しかし、片側で食べ物を噛む癖があったり、頬杖をついたりする癖があると顎の筋肉のバランスが崩れてしまいます。
左右で顎の筋肉のバランスが崩れていると、正常な噛む動作を行えなくなり、片方の顎関節や咬筋に負担がかかって顎関節症になるリスクが高まります。

顎関節症を改善するために日常生活を気を付けましょう

顎関節症で命の危険や重篤な後遺症につながることはほとんどありません。
しかし、痛みや口が開き難いことは普段の生活に制限をきたします。
そのため、なるべく早くから対処して顎関節症を改善した方が良いでしょう。

 

【顎関節症の対処法】

 

顎関節症になってしまった場合には、次のような対処法があります。

 

●硬い食べ物を避ける

硬い食べ物は噛むときに顎関節に負担がかかるため、避けた方が良いでしょう。
例えばお煎餅フランスパンの硬い部分硬い肉などを食べるときは、顎関節に大きな負担がかかります。
また、チューイングガムといった長時間噛む動作を繰り返す食べ物も負担がかかってしまうので避けるべきです。

 

●マウスピース

顎関節症はかみ合わせの悪さや歯の食いしばりによって生じます。
これらの原因を解消するために、マウスピースを使用する場合があります。
マウスピースを使用するとかみ合わせが正常な位置に修正され、食いしばりが起こりにくくなります。
かみ合わせや食いしばりが解消されれば、顎関節や筋肉にかかる負担が軽減するため、顎関節症の改善に効果が期待できるでしょう。
マウスピースは一般的に医療機関で作成できます。

 

●姿勢改善

姿勢は顎関節症にあまり関係がないように思うかもしれませんが、悪姿勢は顎関節症に影響します。
猫背やスマホを使用するときの頭が前に突き出た姿勢は、首や肩まわりの筋肉が緊張しやすく、食いしばりが起きやすいです。
そのため、過剰に緊張しないように背筋を伸ばした良い姿勢を心がけるようにしましょう。

 

【顎関節症の予防法】

 

顎関節症になってしまうと、すぐに改善することは困難です。
事前に顎関節症にならないように予防しましょう。
顎関節症の予防法は次の通りです。

 

●頬杖をつかない

頬杖をつくと顎関節に力が加わって負担がかかります。
また、片側だけ頬杖をつくと左右でのバランスが崩れてしまうので、顎関節症になるリスクを高めてしまいます。
なるべく頬杖はつかないようにして、不要な負担はかけないようにしましょう。

 

●食いしばりを避ける

口を閉じているときは通常、上の歯と下の歯は触れておらず、間が空いている状態です。
しかし、食いしばりをしやすい方のなかにはTCH(上下歯牙接触習癖)といわれる上の歯と下の歯をくっつけてしまう癖がある方がいます。
上下の歯がくっついていると食いしばりをしやすくなってしまうので、顎関節症になりやすくなるでしょう。
食いしばりを避けるためにも上下の歯が触れないように、意識して改善しましょう。

 

●マッサージ

顎関節症は咬筋が過剰に緊張している状態でもなるため、マッサージして緩めてあげると良いでしょう。
マッサージをするときは軽く口を開けて、こめかみの下あたりを軽く握ったこぶしで円を描くようにマッサージしてください。
定期的にマッサージを行って、顎関節症を予防しましょう。

 

顎関節症は放っておいても重大な事態につながることはほとんどありません。
そのため、顎関節症になっている方でも医療機関へかかる方は少ないです。
しかし、症状が酷くなれば頭痛めまいなどの生活に支障をきたす症状を引き起こします。
もしかしたら顎関節症かも、という疑いがある方はぜひ一度、詳しくみてもらうようにしましょう。

著者 Writer

著者画像
院長:磯 和晃(いそ たかあき)
取得国家資格:柔道整復師
生年月日:S50.2.3
血液型:A型
出身地:高根沢町
趣味:キャンプ、スーパー銭湯、登山
得意な施術:ファシアケア等

ご来院されるお客さまへ一言
“やわらぎ”で一緒に毎日わくわく楽しい豊かな未来を手に入れましょう‼
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:整骨院和らぎ
住所〒321-0975 栃木県宇都宮市関堀町981
最寄:宇都宮駅よりバスで20分ほど
駐車場:8台
                                 
受付時間
09:00〜
12:00
14:00〜
21:00
定休日:不定休

【公式】整骨院和らぎ 公式SNSアカウント 当院ではFacebookを運用中!

【公式】整骨院和らぎ 公式SNSアカウント 当院ではFacebookを運用中!

【公式】整骨院和らぎ
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • 定休日のご案内をしています