寝違えでお悩みの方へ

  寝違えでよくあるお悩み

  • 朝、起きたときに首が痛い

  • 首が痛くて
    動かせない

  • 寝違えた
    ときの痛みを
    解消したい

  • 寝違えの予防法
    を知りたい

起床したときに感じる首の痛みは寝違えかもしれません。

朝起きて、首から肩にかけて痛みを感じたことはありませんか?
この症状は一般的に寝違えといわれている症状です。

 

寝違えてしまうと痛みによって首を動かしたり、傾けたりしたときに

痛みが走り、十分に動かすことができません。

 

このような寝違えを経験したことがある方は、非常に多くいらっしゃると思います。

 

では、なぜ寝違えは起きてしまうのでしょうか?
ここでは、寝違えの症状原因対処法などについて詳しくご紹介します。

寝違えでお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

寝違えの原因とは?症状とあわせてご紹介します

よく寝違えといわれていますが、この名称は正式な名称ではありません。
正式には「急性疼痛性頸部拘縮(きゅうせいとうつうせいけいぶこうしゅく)」といわれています。
拘縮とは簡単にいうと、動きが制限された状態のことを意味します。
つまり、急性頭痛性頸部拘縮とは急な痛みによる首の動きの制限ということです。
では次に、具体的にどのような症状があるのかご紹介します。

 

【寝違えの症状】

 

寝違えの主な症状としては、首から肩にかけての痛みです。
首を回したり、傾けたりする動きを行ったときに痛みが引き起こされるため、首の動きが制限されます。
通常は数時間から2〜3日程度で自然に痛みが改善することが多いです。
ですが例外として、痛みに加えて手にしびれを感じたり、頭が痛くなったりする方もいます。
首の痛みに伴ってこれらの症状があるときには重度の寝違えといえるでしょう。
自然に改善すれば良いですが、場合によっては症状が長引いてしまうこともあります。
その場合は、医療機関でみてもらうとことをおすすめします。

 

【寝違えの原因】

 

寝違えはレントゲンMRIなどを使用しても画像で見つけられる変化がほとんどないことが多いため、明確な原因が判断しにくい症状です。
ですが、次に挙げることが原因で寝違えを引き起こすと考えられています。

 

●寝方

寝違えという名前の通り、寝方に原因があるとされています。
寝ているときは意識的に姿勢を修正できません。

そのため、不自然な姿勢で首の筋肉に負担がかかった寝方をしていても、気づかずにそのまま寝続けてしまいます。

すると、血流が悪くなったり、神経を圧迫したりして痛みの症状を引き起こします。

 

●悪姿勢

首や肩の筋肉に負担がかかるのは、悪い寝方をしているときだけではありません。
日中に悪姿勢をとることでも負担がかかります。

悪姿勢とは、自然な姿勢から逸脱した姿勢のことです。
例えば、デスクワークやスマホを使用しているときの背中が丸まって、首が突き出たような猫背の姿勢や、座ってるときに足を組んでいる姿勢などが悪姿勢にあたります。

自然な姿勢であれば、多くの場合身体に負担がかかることはありません。
しかし、悪姿勢を長時間続けると崩れた姿勢を保持するために筋肉に負担がかかったり、身体のバランスが崩れたりします。
これらの身体の変化が原因となって、寝違えの症状を引き起こすと考えられます。

 

●筋肉の疲労

筋肉は使用すれば、疲労を感じます。
疲労を感じた状態の筋肉は弱くなっている状態ともいえるため、この状態で寝てしまうと寝違えが起きる原因となるでしょう。
久しぶりに運動した日や仕事・家事などで身体を酷使した日には、寝違えが生じるリスクが高まります。

寝違えになる前に対策・予防を行いましょう

寝違えはある日、突然発症します。
一度、発症すると少なくとも数時間は日常生活に支障が出てしまうでしょう。
ここでは、寝違えてしまったときに、少しでも症状を改善できるような対処法をご紹介します。

 

【寝違えの対処法】

 

●安静

寝違えたときには無理に動かすことはせず、安静にすることが大切です。
痛みは身体が訴えている救難信号でもあるため、無理に動かすことは良くありません。

無理に動かしてしまうと、むしろ悪化する可能性もありますので、寝違えた場合には、まず安静にして痛みのない範囲で生活しましょう。

 

●冷やす

寝違えは筋肉に負担がかかることで、炎症を伴う場合があります。
筋肉が炎症していると、痛み物質が分泌されて痛みを引き起こします。
炎症している筋肉を沈静するためには、痛みがある部分を冷やすことがおすすめです。
冷やしたタオル冷湿布を使用して、筋肉の炎症を鎮めてあげると良いでしょう。

 

●ストレッチ

痛みがない範囲で動かせるようになってきたら、ストレッチで首の筋肉を動かしていきましょう。
過度な安静は首の筋肉を硬めてしまうことにつながります。

首を左右前後に倒したり、ゆっくりと頭を回したりするストレッチで徐々に筋肉を動かしてあげましょう。
ストレッチをするときは、無理に痛みを我慢して行う必要はありません。
痛みを我慢して行ってしまうと痛みが悪化してしまうこともあるため、痛みのない範囲で行いましょう。

 

【寝違えの予防法】

 

●良い姿勢

寝違えは悪姿勢によって生じるため、普段から良い姿勢を心がけてください。
良い姿勢とは、身体に負担が少ない前後左右にバランスがとれた姿勢のことです。
自分では良い姿勢だと思っていても実は悪姿勢だったなんてこともあるため、鏡で確認したり、姿勢矯正を行ってくれる場所でみてもらったりすることをおすすめします。

 

●長時間同じ姿勢にならない

現代の生活において、パソコンやスマホは欠かせないものとなりました。
しかし、パソコンやスマホを使用するときは、悪姿勢で長時間同じ姿勢になりやすいため、筋肉に負担がかかり、寝違えリスクが高まってしまいます。
ついつい、夢中になって使用してしまう気持ちもわかりますが、使用するときにはこまめに姿勢を変えましょう。
こまめに姿勢を変えれば、負担が分散され寝違えが生じるリスクが低くなります。

 

●自分に適した寝具を使用する

柔らかすぎるマット高すぎる枕を使用すると不自然な寝方になってしまい、寝違えてしまう可能性が上がります。

寝具は自分の身体に適したものを使用しましょう。
高級な寝具だからといって、自分に適した寝具とは限りません。

自分に適した寝具を探すときにはさまざま寝具を試してみたり、寝具の専門店で実際に合わせてみたりすると良いでしょう。

 

寝違えは誰にでも起こる可能性がありますが、原因が判断しにくい症状です。

多くの場合は自然に改善しますが、なかには症状が長引いたり、激痛やしびれを伴ったりするものもあります。
あまりにも症状が酷いときには寝違えではない可能性も考えられため、医療機関でみてもらうようにしましょう。

著者 Writer

著者画像
院長:磯 和晃(いそ たかあき)
取得国家資格:柔道整復師
生年月日:S50.2.3
血液型:A型
出身地:高根沢町
趣味:キャンプ、スーパー銭湯、登山
得意な施術:ファシアケア等

ご来院されるお客さまへ一言
“やわらぎ”で一緒に毎日わくわく楽しい豊かな未来を手に入れましょう‼
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:整骨院和らぎ
住所〒321-0975 栃木県宇都宮市関堀町981
最寄:宇都宮駅よりバスで20分ほど
駐車場:8台
                                 
受付時間
09:00〜
12:00
14:00〜
21:00
定休日:不定休

【公式】整骨院和らぎ 公式SNSアカウント 当院ではFacebookを運用中!

【公式】整骨院和らぎ 公式SNSアカウント 当院ではFacebookを運用中!

【公式】整骨院和らぎ
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • 定休日のご案内をしています