腰痛でお悩みの方へ

  腰痛でよくあるお悩み

  • 腰の痛みが
    長引いている

  • ぎっくり腰に
    なって身体を
    動かすこと
    がつらい

  • 腰痛になり
    やすい動きを
    知りたい

  • 腰痛の予防法
    を知りたい

腰痛は日本人の国民病?症状や原因について

重く響くような腰の痛みや身体を動かすのさえつらい腰の痛みなど、

腰痛といってもその痛み方はさまざまです。

 

程度の差はあるかもしれませんが、

これまでに腰痛を経験したことがある方は多いのでは無いでしょうか?

 

腰の痛みを生じる腰痛には原因が数多くあり、自分の腰痛がどのような原因で生じているか

知ることは腰痛を改善させる上でとても重要といえるでしょう。

 

ここでは、腰痛の症状原因対処方法などについて詳しくご紹介します。

腰痛でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

日常生活に大きな支障が出てしまう腰痛の原因とは?

腰は背骨以外に支えるための骨がなく、安定性に欠ける部位です。
背骨以外には筋肉で身体を支えているため、腰部にかかる負担が大きく、人体のなかでも痛みが生じやすい部位といえるでしょう。
腰痛は文字通り、腰に生じる痛み全般を意味しますが、症状や原因は多岐に渡ります。
まずは、疾患によって生じる腰痛の症状をご紹介します。

 

【腰痛の症状】

 

腰痛は原因となる疾患によって、痛みが出る場所や痛みに伴って生じる症状が異なります。
そのため、どのような疾患が原因となって腰痛が生じているのか知ることはとても重要です。

 

●ぎっくり腰

急に腰を捻ったり、曲げたりしたときに腰に重たい痛みを感じる腰痛がぎっくり腰です。
ぎっくり腰は酷いものになると、身体を少し動かしただけでも激痛が走るため、身体を動かすことが難しくなります。

現在のところ、なぜぎっくり腰になるのかはわかっていません。
しかし、上半身だけ身体を捻ったり、重い荷物を床から持ち上げたりする動作で発症しやすいため、これらの動作を行うときには注意が必要です。

 

 

●腰椎椎間板ヘルニア

背骨には骨と骨の間に椎間板というゼリー状の組織があり、背骨にかかる衝撃を吸収しています。
椎間板は繰り返しかかる負担や急に力が加わることによって、正常な位置から逸脱してしまうことがあり、この状態を腰椎椎間板ヘルニアといいます。

逸脱した椎間板が背骨の中を通る神経を圧迫するため、腰部や下肢に痛みを生じさせます。
また、神経の圧迫が重度になれば、しびれ筋力低下などの神経症状が現れる疾患です。

 

●腰椎椎間関節症

腰部にある背骨の骨と骨をつなぐ椎間関節が原因となって、痛みが生じる疾患が腰椎椎間関節症です。

腰痛椎間関節は身体を反らす動きや後ろに捻る動きで負担がかかるため、これらの動作を行うと痛みが悪化します。

 

●腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨の中でも神経が通る部分である脊柱管が狭くなることで神経が圧迫され、痛みしびれ脱力感などが生じる疾患です。
脊柱管が狭くなる要因のひとつに、加齢や病気による骨や周囲の組織の変性があります。

特徴的な症状に間欠性跛行 (かんけつせいはこう) があり、痛みやしびれが生じて一定の距離を歩くことが困難になります。

 

●脊柱分離症/すべり症

脊柱分離症とは、背骨の前部である椎骨と後部である椎弓(ついきゅう)が骨折して分離している状態です。
運動時や長時間同じ姿勢でいると痛みが出ます。

また、腰痛のなかでは数少ない、成長期の子供に起こりやすい疾患です。
すべり症は背骨の骨が前後にズレることで起こります。
脊椎分離と同時に起こることもあり、その場合は分離すべり症と呼ばれます。
すべり症は骨が前後に動くことで脊柱管が狭くなり、脊柱管狭窄症に似た症状を引き起こします。

 

【腰痛の原因】

 

腰痛を生じさせる原因として次の3つが挙げられます。

 

●悪姿勢

猫背腰が曲がった悪姿勢は腰部に負担がかかるため、腰痛の原因となります。
特に腰部は背骨以外に骨がないため、腰部の筋肉に負担がかかりやすいです。
椅子に座った姿勢や前屈みになる動作で腰の負担は高まるので、これらの動作を行う際には注意が必要です。

 

●筋肉の硬さ

通常、筋肉は伸び縮みできる柔軟性を持っています。
しかし、運動不足によって筋肉を動かさなかったり、悪姿勢で一部の筋肉に負担がかかったりすると柔軟性が乏しくなります。
柔軟性が乏しくなった筋肉は血流も悪くなりますし、動きを制限して悪姿勢を助長してしまいます。

 

●捻挫・むちうちの経験

過去に捻挫やむちうちを経験したことも腰痛になりやすい原因のひとつです。
捻挫やむちうちを経験すると、痛みや動きの悪さによって身体のバランスが崩れます。
身体は全てつながっているため、一部に負担がかかるとその部分をかばって、別の場所にも負担が出てしまうことがあります。
このような理由で、捻挫やむちうちを経験したことがある方は腰痛になりやすいといえます。

腰痛を緩和するための方法と予防について

腰痛は原因によって対処法や予防法が異なるため、まずは腰痛の原因を医療機関でみてもらうと良いでしょう。
ここでは、自宅でも行える腰痛の対処法や予防法をご紹介します。

 

【腰痛の対処法】

 

●安静にし過ぎない

腰痛になると痛みからどうしても安静にしてしまうことが多いです。
もちろん、痛みが激しいときに無理に動かすのは良くありません。

しかし、反対に安静にし過ぎるのも腰痛が改善するまでの時間を長引かせてしまいます。
腰痛の痛みが少しずつ減ってきたら、徐々に動かせる範囲で動いていきましょう。
少しずつ身体を動かすことで腰痛の改善までの時間が安静にしていたときよりも短縮されることが過去の研究からわかっています。
はじめは恐る恐るでも構いませんので、徐々に身体を動かしていきましょう。

 

●マッサージ

腰痛は腰部の筋肉が過剰に緊張している状態でも生じます。
このような状態のときにはマッサージが良いでしょう。

マッサージには硬く緊張した筋肉を緩める効果が期待できます。
筋肉の緊張が緩められれば、筋肉が原因の痛みが改善されるでしょう。

 

●湿布を貼る

腰痛のなかには腰部の筋肉や組織が炎症して痛みを起こしている場合があります。
炎症は自然と改善していきますが、より素早く炎症を改善させるために湿布の使用をおすすめします。
湿布には消炎鎮痛の作用があり、炎症を鎮めてくれるので痛みを早期に改善させる効果が期待できます。

 

【腰痛の予防法】

 

●ストレッチ

筋肉が硬くなると姿勢の崩れや身体の動かす範囲が狭くなり、腰痛が生じやすくなります。
柔軟な筋肉を維持することは腰痛予防につながるため、普段からストレッチを取り入れると良いでしょう。
特に腰痛に関与する筋肉で硬くなりやすい筋肉は、腸腰筋大腿四頭筋といわれる筋肉です。
これらの筋肉をストレッチする方法としては、うつ伏せになってかかとをお尻に近づけるストレッチがおすすめです。

 

●筋トレ

体幹の筋肉が衰えると身体を支える機能が弱くなって、背骨にかかる負担が大きくなります。
そのため、腰痛予防に体幹の筋トレは重要といえるでしょう。
おすすめの筋トレは、プランクと呼ばれる腕立て伏せの姿勢で身体をキープする筋トレです。

 

●姿勢改善

悪姿勢によって腰部に負担が高くなり、腰痛のリスクが高まります。
腰痛を予防するために、負担の少ない自然な姿勢に改善しましょう。
身体が曲がっていたり、反っていたりすると腰部に負担がかかります。
なるべく、背筋を伸ばした前後左右に崩れていないバランスの良い姿勢を心がけましょう。
自分で意識して姿勢を修正するのは難しいため、鏡をみたり、他の人に指摘してもらうと良い姿勢がわかりやすいです。

 

腰痛は、繰り返しかかる腰部の負担や腰まわりの疾患によって生じます。
普段から腰部に負担をかけないようにすることが大切です。
腰痛のなかには重大な症状を引き起こす疾患が隠されていることもあるため、激しい痛み神経症状があるときには一度相談するとよいでしょう。

著者 Writer

著者画像
院長:磯 和晃(いそ たかあき)
取得国家資格:柔道整復師
生年月日:S50.2.3
血液型:A型
出身地:高根沢町
趣味:キャンプ、スーパー銭湯、登山
得意な施術:ファシアケア等

ご来院されるお客さまへ一言
“やわらぎ”で一緒に毎日わくわく楽しい豊かな未来を手に入れましょう‼
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:整骨院和らぎ
住所〒321-0975 栃木県宇都宮市関堀町981
最寄:宇都宮駅よりバスで20分ほど
駐車場:8台
                                 
受付時間
09:00〜
12:00
14:00〜
21:00
定休日:不定休

【公式】整骨院和らぎ 公式SNSアカウント 当院ではFacebookを運用中!

【公式】整骨院和らぎ 公式SNSアカウント 当院ではFacebookを運用中!

【公式】整骨院和らぎ
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • 定休日のご案内をしています